福岡市と北九州市を直方経由で結ぶ構想だった筑豊電気鉄道乗車記【筑豊ローカル線 耐久13時間 徹底乗り潰しの旅!④】

IMG_1451s.JPG

はじめに


2005年8月20日7時54分、新大阪駅からおよそ10時間をかけて夜行快速列車のムーンライト九州号で博多駅へと到着した私は福岡県内に在住する友人と合流し、福岡県筑豊地区のローカル線徹底乗り潰しの旅を決行することにした。

乗車する路線は、筑豊本線、後藤寺線、平成筑豊鉄道、筑豊電気鉄道、篠栗線、香椎線の6路線でこれらの路線を普通列車のみを利用して1日間で完全乗車を果たす。全路線の乗車にかかる所要時間はおよそ13時間だ。

2005年8月の旅では、8月19日10時30分に名古屋駅を出発してから、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線、樽見鉄道線へ乗車をし、そのまま新大阪駅からムーンライト九州号に乗車し博多まで遠征をしてきたことから、博多駅到着時点で既に21時間30分ほど連続して鉄道に乗り続けていたが、ここからさらに13時間筑豊地区の鉄道に乗り続けることからこの度での鉄道への連続乗車時間は34時間30分ほどに達する見込みとなっている。

博多駅からは原田駅で筑豊本線(原田線、福北ゆたか線)、後藤寺線、そして、平成筑豊鉄道の全線に乗り、直方駅へと到着したのは13時51分のこと。ここから西日本鉄道(西鉄)の子会社である筑豊電気鉄道線へと乗車をし黒崎駅前駅へと向かう。


IMG_1428s.JPG
▲博多駅に到着したムーンライト九州号


目次


1.筑豊電気鉄道とは


筑豊電気鉄道線は、福岡県直方市の筑豊直方駅から北九州市八幡西区の黒崎駅前駅までを結ぶ筑豊電気鉄道の鉄道路線である。路線距離は16.6kmで全線に渡って複線で直流600Vにより電化されている。また、軌間は新幹線と同じ1435mmの標準軌が用いられていることも特徴だ。

もともと筑豊電気鉄道は、福岡市と北九州市の間を直方、飯塚経由で結ぶ都市間電気鉄道(インターアーバン)構想の一部として民間資本によって建設された路線で、戦後の1950年代後半に開業を果たした。建設は北九州市側から進められ、1956年に貞元(現:熊西)~筑豊中間間の開業。西鉄北九州線との直通運転を始める。その後、1959年に現在の終点である筑豊直方駅まで延伸開業した。

しかし、筑豊直方以西は八木山峠がネックになり、自社単独で峠越えのためのトンネルを掘るほどの資金力が無かったため着工に至らず、1971年に直方~飯塚~福岡市新堀町間の免許を失効し現在に至っている。その後、2000年までにの西鉄北九州線の全線廃止に伴って、筑豊電気鉄道の起点は黒崎駅前に変更となった。

また、開業当初から西鉄北九州線との直通運転を行うなど西日本鉄道(西鉄)との結びつきが強く、福岡市内への延伸を果たした際には西鉄天神福岡線にも乗り入れて直通運転をする構想であったという。会社としての筑豊電気鉄道は、西日本鉄道の完全子会社となっている。

なお、現在の北九州市と福岡市を直方、飯塚経由で結ぶ路線については2001年に筑豊本線と篠栗線の電化によって誕生した福北ゆたか線が担っている。今回は、そんな筑豊電気鉄道線を筑豊直方駅から黒崎駅前駅までの全線を乗車する。


2.始発の筑豊直方駅へ!


IMG_1450s.JPG
▲県道に面した筑豊直方駅舎


2005年8月20日、平成筑豊鉄道線の軽快気動車に乗り行橋駅から直方駅へと到着したのは13時51分のことであった。

平成筑豊鉄道とJR九州の共同駅である直方駅から筑豊直方駅までは500mほどの距離があり、乗り換えのため歩いて向かうことにする。直方駅舎を出て左へと曲がり、福北ゆたか線の交流電車が留置されている直方駅構内を左手に眺めながら、しばらく歩いたのち右手側の路地を抜けたところに筑豊直方駅の駅舎はあった。

筑豊直方駅は県道に面した高架駅舎で、道路のすぐ横で高架橋が寸断されたような形となっていることが特徴だ。高架構造となっているのはこの先の筑豊本線の線路をオーバークロスして飯塚方面に延伸される構想であったことの名残であり、県道を挟んだ向かい側には筑豊電気鉄道が所有する土地が筑豊本線の手前まで続いており、かつての鉄道建設予定地は駐車場などとして活用されている様子であった。

筑豊電気鉄道の運行本数は日中は10分間隔であり、筑豊直方駅のホームへと上がると既にそこには連接車体の3000形電車の姿があった。筑豊電気鉄道の車両が路面電車規格であるのは、かつて軌道線である西鉄北九州線との直通運転をおこなっていたことの名残である。また、車両は路面電車規格でもあるにもかかわらず、車掌が乗務していることも特徴だ。


IMG_1452s.JPG
▲駅名票


3.主力車両は連接車体の3000形電車


筑豊電気鉄道の主力車両は連接車体の3000形電車で1988年から1989年にかけて9編成がアルナ工機により製造された。アルナ工機はかつて存在した阪急グループの車両メーカーで、阪急電鉄などの私鉄向けの車両製作や路面電車の車両製作に強みのある企業であった。


IMG_1451s.JPG
▲主力車両の3000形


4.直方平野を駆け抜け黒崎駅前へ!


IMG_1453s.JPG
▲筑豊直方駅を発車する!


筑豊直方駅の発車時刻は14時29分、黒崎駅前までの16.6kmの所要時間は35分だ。

筑豊直方駅を発車した列車は、高架橋から遠賀川にかかる鉄橋へと直進し、川を越えて中間市へと向かう。筑豊電気鉄道の線路は全線、遠賀川沿いに開けた直方平野に敷かれており、沿線の市街地もよく発展している印象だ。

筑豊電気鉄道線と並行して数キロの場所には筑豊本線(福北ゆたか線)はほぼ筑豊電気鉄道線と並行して走っているが、電車の運行本数や駅の数は筑豊電気鉄道線のほうが多く、地元の利用客もそれなりに多い。


IMG_1455s.JPG
▲車内の様子


直方市と北九州市の間にある中間市の中心にある筑豊中間駅付近からは完全に住宅密集地帯となり、駅への停車をこまめに繰り返しながら乗客をどんどん集めていく。そして、15時4分、終点の黒崎駅前駅には定刻通りに無事に到着した。

なお、筑豊電気鉄道は安定した黒字経営を続けているとのことで、都市部における公共交通機関としては路面電車規格の鉄道は、地下鉄等に比べてはるかに低コストで運営ができることから、利益を出しやすい構造になっているのではないかと感じた。


IMG_1456s.JPG
▲終点の黒崎駅前駅


黒崎からはJR線へと乗り換えて折尾駅へと向かい若松へ。そして、若松からは、筑豊本線・篠栗線(若松線・福北ゆたか線)を一気に乗り通して吉塚駅へと向かう。

次回に続く…


5.この日の行程

  • 博多 8:03発 → 南福岡 8:13着(鹿児島本線1131M)
  • 南福岡 8:25発 → 原田 8:37着(鹿児島本線・快速三井グリーンランド号1323M)
  • 原田 9:19発 → 桂川 9:47着(筑豊本線6622D)
  • 桂川 9:51発 → 新飯塚 10:01着(福北ゆたか線2628H)
  • 新飯塚 10:45発 → 田川後藤寺 11:06着(後藤寺線1549D)
  • 田川後藤寺 11:10発 → 金田 11:22着(平成筑豊鉄道318D)
  • 金田 11:26発 → 行橋 12:23着(平成筑豊鉄道2223D~2424D)
  • 行橋 12:29発 → 金田 13:28着(平成筑豊鉄道2425D~5240D)
  • 金田 13:31発 → 直方 13:51着(平成筑豊鉄道1242D)
  • 筑豊直方 14:29発 → 黒崎駅前 15:04着(筑豊電気鉄道)
  • 黒崎 15:11発 → 折尾 15:15着(鹿児島本線・準快速4357M)
  • 折尾 15:30発 → 若松 15:49着(筑豊本線6530D)
  • 若松 16:00発 → 直方 16:53着(筑豊本線6529D)
  • 直方 17:03発 → 吉塚 17:55着(福北ゆたか線4655H)
  • 吉塚 18:11発 → 香椎 18:19着(鹿児島本線・快速3186M)
  • 香椎 18:22発 → 西戸崎 18:45着(香椎線772D)
  • 西戸崎 18:54発 → 宇美 19:57着(香椎線773D)
  • 宇美 20:10発 → 長者原 20:25着(香椎線784D)
  • 長者原 20:30発 → 博多 21:02着(福北ゆたか線2669H)



この記事へのコメント

人気記事 - 24時間以内

人気記事 - 先月