筑豊の2大都市!飯塚市と田川市を結ぶ13.3kmのミニ路線!JR後藤寺線乗車記【筑豊ローカル線 耐久13時間 徹底乗り潰しの旅!②】

IMG_1437s.JPG

はじめに


2005年8月20日7時54分、新大阪駅からおよそ10時間をかけて夜行快速列車のムーンライト九州号で博多駅へと到着した私は福岡県内に在住する友人と合流し、福岡県筑豊地区のローカル線徹底乗り潰しの旅を決行することにした。

乗車する路線は、筑豊本線、後藤寺線、平成筑豊鉄道、筑豊電気鉄道、篠栗線、香椎線の6路線でこれらの路線を普通列車のみを利用して1日間で完全乗車を果たす。全路線の乗車にかかる所要時間はおよそ13時間だ。

2005年8月の旅では、8月19日10時30分に名古屋駅を出発してから、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線、樽見鉄道線へ乗車をし、そのまま新大阪駅からムーンライト九州号に乗車し博多まで遠征をしてきたことから、博多駅到着時点で既に21時間30分ほど連続して鉄道に乗り続けていたが、ここからさらに13時間筑豊地区の鉄道に乗り続けることからこの度での鉄道への連続乗車時間は34時間30分ほどに達する見込みとなっている。

博多駅からは原田駅へと向かい、筑豊本線の末端区間である原田線、原田~桂川間へと乗車。桂川からは、福北ゆたか線の817系電車へと乗り換え、次の目的地である後藤寺線への乗車を果たすために起点の新飯塚駅へと向かった。


IMG_1428s.JPG
▲博多駅に到着したムーンライト九州号


目次


1.後藤寺線とは


IMG_1436s.JPG
▲始発の新飯塚駅


JR後藤寺線は、福岡県飯塚市の新飯塚駅から福岡県田川市の田川後藤寺駅に至る全長13.3 kmの単線非電化の鉄道路線だ。

距離は短いが、筑豊3大都市(飯塚市、田川市、直方市)のうちの飯塚市と田川市を結ぶ路線であるほか、福北ゆたか線を介して福岡市と田川市を最短の鉄道ルートを形成していることから、非電化区間でありながら列車本数は多く30分~1時間間隔で列車の運行がされている。また、朝に1本の片道のみ新飯塚駅から田川後藤寺駅に向かうのノンストップ快速も運行されており、こちらの快速列車は普通列車よりも所要時間が6分短い15分間で両駅の間を結んでいる。

後藤寺線は、もともとは明治時代から大正時代にかけて当時の九州鉄道、産業セメント鉄道、豊州鉄道の3社が石炭やセメントの貨物輸送を行うための貨物線として開業した路線で、1943年に戦時買収されて国有鉄道に編入された路線である。なお、新飯塚~下鴨生間が九州鉄道、下鴨生~起行(船尾~田川後藤寺間にあった貨物駅)間が産業セメント鉄道、起行~後藤寺(現:田川後藤寺)間が豊州鉄道による開業区間だ。

原田駅から筑豊本線の原田線、福北ゆたか線区間を乗り継いで、新飯塚駅へと到着したのは10時1分のこと。ここで44分の待ち時間を経たのち10時45分発の田川後藤寺行の普通列車で田川後藤寺駅へと向かう。


2.キハ40系がピストン輸送


IMG_1437s.JPG
▲サボが差し込まれた田川後藤寺行普通列車


後藤寺線の起点となる新飯塚駅は、人口およそ12万人を擁する筑豊地区の最大都市、飯塚市の中心駅だ。飯塚市内には飯塚駅も存在するが、新飯塚駅の方が市役所にも近く市の中心駅として飯塚駅よりも利用者が多い。なお、飯塚市の人口については福岡市、北九州市、久留米市に次いで福岡県内で4番目に人口が多いとのことだ。

一方の後藤寺線の終点となる田川後藤寺駅も人口およそ5万人を擁する筑豊地区の主要都市、田川市の中心駅だ。田川市は、明治時代末期から石炭産業とセメント産業により栄えた街であるが、エネルギー革命の営業を受け1960年代には石炭産業は衰退。しかし、一方のセメント産業は現在でも田川市の主要産業として根付いており、後藤寺線の沿線にある船尾山で麻生セメントによる石灰石の採掘が行われている。

後藤寺線は、この筑豊地区の主要2都市を結ぶ役割を果たしている路線であることから、非電化単線路線であるにも関わらず列車の運行本数が多いことが特徴で、新飯塚駅と田川後藤寺駅の間をキハ40系気動車が30分から1時間間隔でピストン輸送をしていた。

そして、後藤寺線で運行されていたキハ40系の行先表示には昔懐かしいサボが使用されていたことが印象的であった。


3.飯塚市から峠を越えて田川市へ


飯塚市と田川市の間は小さな山地で隔てられており、後藤寺線は新飯塚駅を発車するとこの峠道を越えて田川後藤寺駅へと向かう。

新飯塚駅では44分ほどの待ち時間があったので、駅周辺を散策するなどして時間を潰し、田川後藤寺行の列車を待つことにした。そして、発車時刻が近づいたころ再び駅へと戻り、田川後藤寺行の普通列車へと乗り込むことにした。

飯塚駅を10時45分に発車する普通列車は、終点の田川後藤寺駅までの間を21分の所要時間で結ぶ。列車は飯塚駅を発車すると、筑豊本線(福北ゆたか線)から分岐し、上三緒駅、下鴨生駅、筑前庄内駅と住宅地と田園地帯の混在する風景の中を進み、筑前庄内駅を過ぎると飯塚市東部に連なった小さな山地の峠越え区間へと入る。やがて列車はやや長いトンネルを抜け、飯塚市から田川市へと入る。

峠をおりはじめるとすぐに車窓には白い山肌がむき出しになった石灰石鉱山である船尾山の横を通り船尾駅へと到着する。船尾駅の最寄には麻生セメント田川工場があり現在でも石灰石の採掘が行われている。なお、この船尾駅は麻生セメントとも関係の深い、産業セメント鉄道によって開業された駅で、かつてはセメント貨物輸送の拠点として賑わった駅だ。

そして、船尾駅を発車しほどなくすると景色が開け、列車は直方平野南端部にある終点の田川後藤寺駅へと到着した。田川後藤寺駅への到着時刻は11時6分。飯塚駅からの所要時間は21分であった。


IMG_1439s.JPG
▲終点の田川後藤寺駅構内の様子


田川後藤寺駅からは、第三セクター鉄道である平成筑豊鉄道線に乗り換えて完乗を果たす。


次回に続く…


4.この日の行程


  • 博多 8:03発 → 南福岡 8:13着(鹿児島本線1131M)
  • 南福岡 8:25発 → 原田 8:37着(鹿児島本線・快速三井グリーンランド号1323M)
  • 原田 9:19発 → 桂川 9:47着(筑豊本線6622D)
  • 桂川 9:51発 → 新飯塚 10:01着(福北ゆたか線2628H)
  • 新飯塚 10:45発 → 田川後藤寺 11:06着(後藤寺線1549D)
  • 田川後藤寺 11:10発 → 金田 11:22着(平成筑豊鉄道318D)
  • 金田 11:26発 → 行橋 12:23着(平成筑豊鉄道2223D~2424D)
  • 行橋 12:29発 → 金田 13:28着(平成筑豊鉄道2425D~5240D)
  • 金田 13:31発 → 直方 13:51着(平成筑豊鉄道1242D)
  • 筑豊直方 14:29発 → 黒崎駅前 15:04着(筑豊電気鉄道)
  • 黒崎 15:11発 → 折尾 15:15着(鹿児島本線・準快速4357M)
  • 折尾 15:30発 → 若松 15:49着(筑豊本線6530D)
  • 若松 16:00発 → 直方 16:53着(筑豊本線6529D)
  • 直方 17:03発 → 吉塚 17:55着(福北ゆたか線4655H)
  • 吉塚 18:11発 → 香椎 18:19着(鹿児島本線・快速3186M)
  • 香椎 18:22発 → 西戸崎 18:45着(香椎線772D)
  • 西戸崎 18:54発 → 宇美 19:57着(香椎線773D)
  • 宇美 20:10発 → 長者原 20:25着(香椎線784D)
  • 長者原 20:30発 → 博多 21:02着(福北ゆたか線2669H)




この記事へのコメント

人気記事 - 24時間以内

人気記事 - 先月