若松駅が有人駅だった頃の筑豊本線・篠栗線(若松線・福北ゆたか線)乗車記【筑豊ローカル線 耐久13時間 徹底乗り潰しの旅!⑥】

IMG_1471s.JPG

はじめに


2005年8月20日7時54分、新大阪駅からおよそ10時間をかけて夜行快速列車のムーンライト九州号で博多駅へと到着した私は福岡県内に在住する友人と合流し、福岡県筑豊地区のローカル線徹底乗り潰しの旅を決行することにした。

乗車する路線は、筑豊本線、後藤寺線、平成筑豊鉄道、筑豊電気鉄道、篠栗線、香椎線の6路線でこれらの路線を普通列車のみを利用して1日間で完全乗車を果たす。全路線の乗車にかかる所要時間はおよそ13時間だ。

2005年8月の旅では、8月19日10時30分に名古屋駅を出発してから、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線、樽見鉄道線へ乗車をし、そのまま新大阪駅からムーンライト九州号に乗車し博多まで遠征をしてきたことから、博多駅到着時点で既に21時間30分ほど連続して鉄道に乗り続けていたが、ここからさらに13時間筑豊地区の鉄道に乗り続けることからこの度での鉄道への連続乗車時間は34時間30分ほどに達する見込みとなっている。

博多駅からは原田駅で筑豊本線(原田線、福北ゆたか線)、後藤寺線、そして平成筑豊鉄道で田川後藤寺~金田~行橋~直方の全線に乗車。直方からは筑豊電鉄で黒崎に向かい、鹿児島本線に乗り換え後、折尾駅へと到着したのは15時15分のことであった。


IMG_1428s.JPG
▲博多駅に到着したムーンライト九州号


目次


1.筑豊本線・篠栗線(若松線・福北ゆたか線)について


筑豊本線は、福岡県北九州市若松区の若松駅から折尾駅、直方駅、飯塚駅、桂川駅を経由して、同県筑紫野市の鹿児島本線・原田駅に至る66.1kmのJR九州の鉄道路線で、かつては筑豊炭田で産出される石炭を若松港に運ぶ役割を果たしていた。

一方の篠栗線は、福岡県嘉穂郡桂川町の桂川駅から福岡県福岡市博多区の吉塚駅までの25.1kmを結ぶJR九州の鉄道路線で、筑豊地域と三郡山地を篠栗トンネルで貫き筑豊地域と福岡市を直結する役割を担っている路線である。

筑豊本線のうち、折尾駅~直方駅~飯塚駅~桂川駅に至る区間は、篠栗線の桂川~吉塚間とともに交流20,000V60Hzで電化されており、前後の区間を含む黒崎~折尾駅~直方駅~飯塚駅~桂川~吉塚~博多間には福岡ゆたか線の愛称名が付けられており、電車の運行が行われている。

また、非電化区間である両端については、若松~折尾間には若松線、桂川~原田間には原田線の愛称が付けられており、2005年当時は筑豊本線末端の非電化区間ではキハ40系気動車による列車の運行が行われていた。

篠栗線については、明治時代の1904年に筑紫平野部分の篠栗~吉塚の10.3kmが先に開業していたが、戦後の1968年になり三郡山地を越える区間の篠栗~桂川間が開業し篠栗線の役割は都市間輸送路線へと変化することになった。そして、その後2001年には筑豊本線の折尾~桂川間とあわっせて全線が電化された。

今回は、この筑豊本線と篠栗線のうち、若松線と福北ゆたか線に当たる部分の乗車記を紹介したい。


2.鹿児島本線と筑豊本線が立体交差する折尾駅


IMG_1457s.JPG
▲1916年完成の折尾駅舎


筑豊電気鉄道線への乗車を終え、黒崎駅から鹿児島本線で若松線への乗換駅である折尾駅に到着したのは15時15分のことであった。若松行までは15分の待ち時間がある。

折尾駅は、鹿児島本線と筑豊本線が立体交差する場所に設置された駅で、メインのホームから離れた場所にある筑豊本線の直方方面から鹿児島本線の黒崎・小倉方面に向かう短絡線上にも旅客ホームを有するといった複雑な構造をした駅であった。

2005年頃よりこの折尾駅の複雑なホームを1つに集約して高架化するという話が出始めており、歴史のある木造駅舎や駅構内の施設などは全て取り壊しになるようであった。


IMG_1461s.JPG
▲複雑なのりば案内


3.キハ40系気動車で折尾駅から若松駅へ!


IMG_1463s.JPG
▲若松行普通列車


筑豊本線のうち若松線にあたる区間の折尾~若松間は全長10.8kmの複線非電化路線であり、主力車両はキハ40系気動車だ。全線が政令指定都市・北九州市内の住宅密集地を走っていることから運行本数も利用者も多い。

若松線の運行形態は日中30分間隔で、1本が直方~折尾~若松間の直通列車で、もう1本が折尾~若松間の折り返し列車だ。15時30分発の若松行は直方駅から直通してくる列車であり、折尾駅には発車時刻の9分前である15時21分に入線した。

列車は、15時30分の定刻になり折尾駅を発車すると住宅密集地の中にある複線区間を軽快に走る。沿線の発展具合から行っても電化路線でないのが残念なくらいではあったが、折尾駅を発車して19分後の15時19分列車は定刻通りに若松駅へと到着した。

若松駅は洞海湾に面した若松港の最寄駅で、筑豊炭田の石炭輸送全盛期は巨大な駅構内を有していたが、筑豊の石炭産業の終焉に伴い若松駅の巨大な側線群も役割を終え、跡地は再開発によりマンションなどに姿を変えた。旅客線用となった若松駅に残るのは1980年代前半に建て替えられた駅舎と1面2線の旅客用島式ホームのみである。


IMG_1471s.JPG
▲若松駅ホームの様子


4.若松駅~直方~吉塚を一気に駆け抜ける!


IMG_1464s.JPG
▲若松駅改札口の様子


若松駅に到着した列車は11分間の停車時間を経て16時発に折り返しの直方行となることから、今度はこの列車に乗り直方へと向かう。直方駅までの距離は24,8kmで所要時間は53分だ。

筑豊本線は、石炭輸送全盛期時代の名残から、若松~原田間66.1kmのうち、若松から直方を経て飯塚までの39.4kmが複線化されていることが特徴だ。同様に直方駅から分岐している平成筑豊鉄道伊田線も直方から田川伊田にかけての全線16.1kmも複線路線であることから、当時の鉄道による石炭輸送がいかに活発であったのかを感じとることが出来る。

列車は16時となり定刻通りに若松駅を発車。ここから折尾駅までは今来た道を引き返す。そして、折尾駅からは電化路線である福北ゆたか線区間となり、直方までの間は架線の下をディーゼルカーが進んでいく。

折尾駅を過ぎると直方平野を遠賀川沿いに上流方面へと遡っていくが、この筑豊本線(福北ゆたか線)の数km先には、かつて北九州市と福岡市を直方・飯塚経由で直結する構想の元で建設された筑豊電気鉄道線が並行して走っている。筑豊電気鉄道は、黒崎駅前から筑豊直方を結ぶ路面電車規格の車両が走る鉄道路線だ。

そして、直方駅に到着したのは16時53分のこと。ここから10分の接続時間を取って、17時3分発の博多行へと乗り換えて吉塚駅へと向かう。


IMG_1472s.JPG
▲直方駅で乗換


直方駅では若松から乗ってきたキハ40系気動車から、新鋭817系電車の博多行へと乗り換える。直方駅から吉塚駅までの所要時間は52分間だ。

直方駅を発車すると、途切れなく続く市街地のなかを遠賀川に沿ってさらに遡り筑豊地方の最大都市、飯塚市へと入る。飯塚市内の中心駅・新飯塚駅、飯塚駅、そして桂川駅で筑豊本線から分岐して篠栗線へと入ると、いよいよ列車は峠越えの区間へと入る。

桂川から篠栗までの14.8kmの区間は戦後の1968年に鉄道建設公団の手により開業した区間であることから高規格な路盤となっており、直方平野と筑紫平野の間に横たわる三郡山地を高架橋とトンネルで直線的に貫いていく。

そして、峠を下り筑紫平野へ入ると明治時代の開業から延伸時までの終着駅であった篠栗駅へと到着する。篠栗駅からはいよいよ政令指定都市の福岡市の近郊となり再び住宅やビルの密集する景気へと車窓が変化していった。

IMG_1474s.JPG
▲篠栗線終点の吉塚駅


6.この日の行程

  • 博多 8:03発 → 南福岡 8:13着(鹿児島本線1131M)
  • 南福岡 8:25発 → 原田 8:37着(鹿児島本線・快速三井グリーンランド号1323M)
  • 原田 9:19発 → 桂川 9:47着(筑豊本線6622D)
  • 桂川 9:51発 → 新飯塚 10:01着(福北ゆたか線2628H)
  • 新飯塚 10:45発 → 田川後藤寺 11:06着(後藤寺線1549D)
  • 田川後藤寺 11:10発 → 金田 11:22着(平成筑豊鉄道318D)
  • 金田 11:26発 → 行橋 12:23着(平成筑豊鉄道2223D~2424D)
  • 行橋 12:29発 → 金田 13:28着(平成筑豊鉄道2425D~5240D)
  • 金田 13:31発 → 直方 13:51着(平成筑豊鉄道1242D)
  • 筑豊直方 14:29発 → 黒崎駅前 15:04着(筑豊電気鉄道)
  • 黒崎 15:11発 → 折尾 15:15着(鹿児島本線・準快速4357M)
  • 折尾 15:30発 → 若松 15:49着(筑豊本線6530D)
  • 若松 16:00発 → 直方 16:53着(筑豊本線6529D)
  • 直方 17:03発 → 吉塚 17:55着(福北ゆたか線4655H)
  • 吉塚 18:11発 → 香椎 18:19着(鹿児島本線・快速3186M)
  • 香椎 18:22発 → 西戸崎 18:45着(香椎線772D)
  • 西戸崎 18:54発 → 宇美 19:57着(香椎線773D)
  • 宇美 20:10発 → 長者原 20:25着(香椎線784D)
  • 長者原 20:30発 → 博多 21:02着(福北ゆたか線2669H)



この記事へのコメント

人気記事 - 24時間以内

人気記事 - 先月