ラストラン『ニセコエクスプレス』乗車記!前編

IMG_4947.JPG

2017年9月14日、JR北海道は突如として「ニセコエクスプレス」の引退を発表。


突然の発表に驚いたファンも多かったのではないかと思うが、この「ニセコエクスプレス」の引退に当たってラストラン運行が2017年10月29日、11月3日と4日の3日間に渡って実施された。


鉄道乗蔵も、11月3日と4日のラストラン運行に参加をしたので、今回はその時の様子を紹介したい。



目次



1.ラストラン『ニセコエクスプレス』の概要


「ニセコエクスプレス」は1988年にキハ183系5000番台気動車として新造され、主に冬期間に札幌~ニセコ間を結ぶ臨時特急「ニセコスキーエクスプレス」として運行されてきたほか、それ以外の期間には各地を走る臨時列車や団体列車として活躍してきた車両である。


なお、このとき発表されたラストラン運行の概要は下記の通りであった。


●運転日
・10月29日(日)、11月3日(金・祝)、4日(土)
●運転時刻
・上り
 札幌7時57分発→蘭越11時44分着
 倶知安14時19分発→蘭越15時01分着
・下り
 蘭越12時24分発→倶知安13時06分着
 蘭越15時10分発→札幌18時42分着
・途中停車駅
 小樽、余市、倶知安、ニセコ、昆布


札幌駅を発着する列車は、札幌~倶知安間に限り全車指定席の特急として運転。この区間では記念乗車証明書の配付を実施。倶知安~蘭越間は全車自由席の快速として運転。


当日は、余市、倶知安、ニセコ、蘭越の各駅で特産品の販売やご当地キャラクターのお出迎えなどが予定。また、倶知安とニセコの両駅では、営業運転を始めたころの「ニセコエクスプレス」の写真をデザインした記念乗車券も販売も予定。


IMG_5024.JPG
IMG_5031.JPG
▲11月4日に倶知安駅でもらったパンフレット画像


2.『ニセコエクスプレス』の思い出


鉄道乗蔵も「ニセコエクスプレス」は1988年のデビュー当初より札幌~倶知安間で家族旅行などで乗車してきた思い出深い車両である。


1990年代初頭に倶知安~札幌間で特急ニセコエクスプレス号に乗車した時などは、全席に小型テレビが備え付けられており当時のグリーン車に匹敵する設備に子供ながら大変な感動を覚えたものである。


また「ニセコエクスプレス」が函館本線の山線区間で運行されるときは決まって冬期間であったが、日本海の海岸に面した区間の朝里~銭函間で乗車しているときには、真冬の大波の直撃を受けたこともありそんなことが印象深く残っている車両である。


直近では2013年1月2日に札幌~ニセコ間でニセコエクスプレスに乗車をしており、この時は高校時代の鉄道研究会の仲間3名で展望席を確保して乗車できたことも印象深い思い出だ。


IMG_7777.JPG
IMG_7820.JPG
IMG_7885.JPG
▲2013年1月2日に乗車した時の様子


なお、この時の乗車については、特急券を購入する際にみどりの窓口で空席状況を確認したところ運よく展望席が空いていることがわかった。乗蔵は思わずテンションが上がってしまい「もう、ぜひ!」と言おうとしたところ、全部まとめて「もひ!」と言ってしまった。恥ずかしい思い出の一つとなってはしまったが、駅員さんが笑ってくれたのが何よりの救いであった。


3.11/3(金・祝)ニセコ~蘭越間を往復する!


11月3日のラストランイベントの参加に向けて


『ニセコエクスプレス』ラストランについては、車両の引退が発表されたことが9月でやや突然の発表であったことから、ラストランイベントの参加についてはスケジュールを取ることが出来るかどうかわからない状態であった。


しかし、直前になり11月の3連休の最初の2日間である11月3日と4日についてスケジュールを確保できることが判明!さっそく最寄駅のみどりの窓口にラストラン『ニセコエクスプレス』の空席状況を確認したが予想通りの満席で空はなかった。


札幌からの指定券の確保はままならなかったものの、幸運なことにラストラン『ニセコエクスプレス』は倶知安~蘭越間での運行に限り全席自由席の快速列車で運行されるとのことだったので、鉄道乗蔵はこの区間でのピンポイント乗車を目指して今回のラストランイベントに参加をすることにした。


ニセコ駅へ!


IMG_4828.JPG
▲14時頃のニセコ駅出札窓口


2017年11月3日14時頃、鉄道乗蔵は北海道の函館本線ニセコ駅に降り立った。


11月3日のラストラン運行の参加に当たっては、ニセコ駅発行の出札補充券での乗車を行いたいと思い立ったことから、この日はニセコ~蘭越間での往復乗車をすることに決めた。


快速列車としてのニセコエクスプレスは倶知安~蘭越間で2往復の運転が実施されたが、鉄道乗蔵が乗車する午後の1往復の便はニセコ駅が14時41分発ということもあって、乗蔵が到着したころにはすでに多くのファンがニセコ駅に詰めかけていた。


そんな中、ニセコ駅窓口でニセコ~蘭越間の往復乗車券をオーダー。ニセコ駅は有人駅で簡易委託による出札業務を行っている駅であるが、POS端末やマルス端末の設置はないので、発券される乗車券類は全て常備軟券か補充券での対応となる。ニセコから蘭越までの区間については、片道、往復の双方の乗車券とも常備軟券の設置がないため出札補充券での発券となった。


IMG_4829.JPG
▲出札補充券による往復乗車券。これ一枚で往復乗車が出来る。


また、ニセコ駅の駅舎内には『ニセコエクスプレス』に関するパネル展示なども行われていた。


IMG_4830.JPG
▲ニセコ駅舎内で見かけたパネル展示


いざ『ニセコエクスプレス』を迎え撃つ!


蘭越までの往復乗車券の購入を終えたのち、乗蔵は倶知安方面からニセコ駅に入線する『ニセコエクスプレス』の雄姿をカメラに収めるため跨線橋へと上がる。


『ニセコエクスプレス』のニセコ駅への入線は14時33分ということもあり、8分の停車時間があることから写真を撮ってからでも乗車する時間的な余裕は十分にある。そのため乗蔵は、ニセコ駅跨線橋で同業者の方数名と倶知安方面からの『ニセコエクスプレス』の入線を迎え撃つことにした。


そして、14時33分も近づいたころ、いよいよ『ニセコエクスプレス』がその流線型の車体を現した!


IMG_4833.JPG
IMG_4836.JPG
▲倶知安方面からゆっくりとニセコ駅に入線する『ニセコエクスプレス』


『ニセコエクスプレス』が到着すると、列車からは多くの乗客が吐き出され、ニセコ駅はにわかに活気づく。


IMG_4838.JPG

皆、8分間の停車時間を利用して思い思いに『ニセコエクスプレス』の雄姿をカメラに収めているようであった。


IMG_4839.JPG

乗蔵は、そんな中いよいよラストラン運行の『ニセコエクスプレス』へと乗り込むことにした!


蘭越駅へ!


IMG_4841.JPG

倶知安~蘭越間の快速運行では全席が自由席であることから、なるべく展望席に近い席を確保したいと思い蘭越寄りの先頭車である3号車に乗り込む。


IMG_4842.JPG

ニセコ駅での8分間の停車時間中、多くの乗客は写真撮影などを行うためホームへと降り立っているため、車内の乗客はまばらであったが、ほとんどの座席には席取りのための荷物が置かれており3号車への乗車を断念。


順次、後方の1号車に向かって空いている席を探していったところ、最後尾の1号車に通路側の空き席を見つけたため、窓側席に座っていた青年に「ここよろしいですか?」と一言声をかけて着席をすることができた。


IMG_4848.JPG

ニセコエクスプレスは14時41分、定刻通りニセコ駅を発車。蘭越までの所要時間は20分である。車窓から見えるニセコ連峰の山々はすっかり秋の装いである。北海道の紅葉は本州よりも1か月程度早いことから、10月29日のラストラン運行時はまだ紅葉の風景も楽しむことが出来たらしいのだが、11月3日には紅葉はすっかりと落ちてしまったことは残念であった。


同席した隣の青年ともお話をさせていただいたところ、この青年も札幌~倶知安間での指定券の確保ができなかったことから、倶知安~蘭越間の快速自由席狙いで千歳市から来たという。そんな青年と乗り鉄話に花を咲かせていたところ列車はあっという間に蘭越駅へと到着した。


折り返しニセコ駅へ!


蘭越駅に到着したのは15時1分。蘭越駅での折り返し時間は短く、9分後の15時10分には再び札幌に向かって折り返してしまうため、乗蔵は急いで写真撮影を行うことにした。


IMG_4853.JPG
IMG_4850.JPG
▲蘭越駅で折り返しを待つ『ニセコエクスプレス』


折り返しの『ニセコエクスプレス』で同席した方は、札幌から来たという紳士の方であった。この方は1か月前の10時打ちで無事に往復の指定券を確保できたとのことで、このまま札幌まで乗り通すのだというお話をされていた。


氏の話では、今回の『ニセコエクスプレス』の引退報道はあまりにも突然のことで大変驚いたとのことで、引退の理由としては『ニセコエクスプレス』のプラグドアに使われている部品の確保が困難になったことも原因であるとの話であった。


また、往路の札幌~蘭越間の運行では、小樽から先の区間で交換列車の遅延の影響で30分程度の遅延が発生し、当初イベントの為 23分の停車時間が予定されていた余市駅で停車時間をほとんど取ることが出来なくなってしまい、余市駅で『ニセコエクスプレス』の到着に合わせて物販の準備をしていた特産品関連の業者の方々が大変気の毒だったといったことも印象深いエピソードであった。


札幌から来られたという博識な紳士の方のお話に耳を傾けることおよそ20分。列車はあっという間にニセコ駅へと到着し、この日の乗蔵のラストランイベントへの参加も終了することとなった。


IMG_4857.JPG
▲折り返しニセコ駅に到着した『ニセコエクスプレス』


この『ニセコエクスプレス』ラストランイベントについては、乗蔵は翌日の11月4日にも参加をしており、このときの様子は後編の記事にてご紹介をさせていただくこととしたい。


<後編の記事はこちら>
ラストラン『ニセコエクスプレス』乗車記!後編


4.Twitterにも記事を投稿!



なお、この日のラストランイベントへの参加の様子はTwitterにも投稿。





フォロワーさんからは鉄道乗蔵の目撃情報なども寄せていただいたのは大変貴重な経験となりました。なお、ニセコ駅での下車後は駅前の温泉施設『綺羅の湯』にて温泉に浸かりリフレッシュ!翌日のラストランイベントの参加に向けて準備を整えました。




この記事へのコメント

人気記事 - 24時間以内

人気記事 - 先月